椎間板ヘルニアの激痛はレーザー治療で完治が可能

女性

先天性の脳疾患

医者

無症状に注意

脳疾患というと、生活習慣や加齢が大きく関連する脳卒中や認知症のイメージが一般的です。それに対し、脳動静脈奇形は生まれつきの脳の血管の病という点で特徴的です。脳動静脈奇形では血管の形が異常を起こした状態のことを指しますが、全く症状が出ないことが多いです。しかし、自覚症状がない場合もくも膜下出血など重大な疾患の発症可能性が高まっています。このように命に関わる脳動静脈奇形は早期発見が必要ですが、そのためには小さな症状に注意しましょう。脳動静脈奇形では他の脳疾患のように、頭痛や手足の痺れなどの症状が出ることがあります。また、脳動静脈奇形でよく起こる症状にけいれん発作が挙げられます。異常を感じたら早めに脳神経外科を受診しましょう。

検査方法の特徴

脳動静脈奇形は出血を起こさない限り症状が現れません。しかし、血管の異常は顕著であることが多いため、CTスキャンのような比較的簡易な検査でも発見できます。小さな奇形はMRIで発見されることが多いです。しかし、出血が起こった場合は脳動静脈奇形より先に、くも膜下出血などの診断が下ります。命に関わる症状を抑えることを優先し、症状が落ち着き次第原因を突き止める検査を行います。この段階では造影剤が頻繁に使われ、脳動静脈奇形を非常に高い精度で見つけることができます。検査での発見は難しくない病なので、定期的に脳ドックなどをうけておくことが必要です。また、脳動静脈奇形は他の脳疾患につながることが多いという特徴も覚えておきましょう。