椎間板ヘルニアの激痛はレーザー治療で完治が可能

女性

良質な睡眠を行うために

病棟

症状

寝ている時に無呼吸状態がひどい時には、何十秒も続くような症状の事を睡眠時無呼吸症候群と言います。それだけならとりあえず大きな問題はないように感じますが、心疾患系のような大きな病気を引き起こす可能性もあります。確認したいのは、日常生活において過度の眠気が襲ってこないかで、悪影響を及ぼしているようであれば内科の診察を受けておきましょう。寝ている間の出来事になるので自分では確認ができませんから、家族に協力してもらって症状が出ているか知る必要があります。睡眠時無呼吸症候群を予防したり治したりするには、運動や食事が非常に大事になってきます。また、基本的には内科での治療になりますが、耳鼻咽喉科や歯科などでも治療が必要な場合があります。

寝れるようにするために

睡眠時無呼吸症候群の症状が出てしまって寝る事が出来ない場合は、症状に応じて器具を使う方法があります。食事や運動で長期的に改善していくのは大事ですが、短期的には器具を使うのが最良の方法です。鼻から空気を送り込む器具を使えば、気道が塞がって無呼吸になる状態を防ぐ事ができます。中程度の症状と診断されれば、マウスピースで狭くなった気道を確保する方法がとられる場合もあります。それから、バランスのいい食事で過度のカロリー摂取を控えるようにする事が、睡眠時無呼吸症候群の1番いい治療法になります。運動は、散歩や通勤を徒歩に変えてみるなど出来るところから始めてみるといいでしょう。塞いでいる原因を外科的手術で改善させる方法もあるので、この病気に詳しい病院で診察してもらうのも有効です。