椎間板ヘルニアの激痛はレーザー治療で完治が可能

女性

女性に多い疾患

病院

脳ドッグが有効

髄膜腫とは、脳腫瘍の一種で、ほとんどが良性の脳腫瘍の中ではポピュラーな腫瘍と言われています。女性ホルモンにかかわりがあるとされ、女性の患者が多い腫瘍です。小さい腫瘍は無症状のため、ほとんどの場合気づかないことが多いのですが、近年の脳ドッグの普及により偶然的に見つかることも多くなった病気です。髄膜腫は脳の外側の硬膜から発生する腫瘍で、脳を外側から圧迫する腫瘍です。そのため脳を傷つけることなく治療できることもあります。髄膜腫は良性で無症状が多いですが、大きくなってくると脳内や神経を圧迫することで嘔吐や頭痛・視力障害などを引きおこすことがあります。良性のため腫瘍の成長スピードが遅いことや転移がないことなどが特徴です。

腫瘍のできた場所に注意

髄膜腫は腫瘍ができる場所により、体に起こる症状に違いがあります。前頭部にできて大きくなった場合は、けいれんや、認知症などの物忘れなどの症状が現れます。頭頂部では手足のまひやけいれんが起こることがあります。腫瘍が大きくなると脳の圧迫が強まる為、頭痛や嘔吐などが起こり、視力障害なども伴います。無症状の腫瘍ですが、大きさや圧迫による症状が出た場合は治療を行うことが大切です。治療には手術により腫瘍を摘出する方法が用いられます。手術で腫瘍を取り去る治療や放射線治療により、患部に放射線を照射する方法が取られます。脳の手術は合併症や後遺障害といったことが起こることもありますので、手術は担当医とよく相談して勧めましょう。