子宮内膜症は体に優しい漢方で治療して完治を目指そう

医者

外来や入院との違い

訪問診療

世田谷区の医療現場では、住み慣れた自宅で行なえる在宅医療に注目が集まっています。我々が普段利用している、外来や入院とは何が違うのかシステムの違いを比較してみましょう。

Read More

不妊の原因にもなる

瓶に入った生薬

女性には定期的に排卵があり、それに伴い生理が起きます。生理時には腹痛や腰痛と言ったいわゆる生理痛を感じる方が多いのですが、あまりに強い痛みを感じる場合は子宮内膜症の可能性を疑った方が良いでしょう。生理痛は個人差があるのですが、年々重くなってくる様なら病気のサインかもしれません。生理以外でも、排便や性交中に痛みを感じる方もいます。この場合は、膣の奥が痛み肛門辺りに違和感を覚えやすいです。

症状によっては、外科手術を必要とすることもあります。内服薬は主にホルモン剤の投与になります。ホルモン剤の投与によって、体内のホルモンバランスを整える方法になりますが、人によっては強い副作用に悩まされることもあります。

子宮内膜症になってしまったら、適切な治療や手術と共に、漢方で体の内側からケアしていきましょう。漢方でこの病気を緩和するには、気滞やお血を改善する必要があります。漢方の考え方には気血水という概念があります。体には気や血、水が正しく巡っており、これらのバランスが崩れると病気になるという考えです。子宮の病気は、気や血の巡りが滞っていることが多く、これらに作用する漢方の処方が必要になってきます。芍薬甘草湯や当帰芍薬散が症状の緩和に役立ちます。これらの漢方以外にも体調に合わせて自分に合った漢方を処方してもらうことができます。漢方の処方を行なっているクリニックや薬局を訪ねて、問診を行なってみましょう。

ストレスは内側に現れる

お腹を押さえる男性

健康で若いからといって、長時間の労働や不摂生な食事を続けていると、潰瘍性大腸炎になってしまうことがあります。自分では意識していなくても、大腸に強いストレスを与えてしまっていることもあります。

Read More

初期症状を把握

下を向く女性

婦人病でもある卵巣がんは、遺伝性が高い病気です。出産や妊娠に深い関わりがある卵巣は、早期の発見が肝心です。体調の変化や生理に異変があった場合は、婦人科を訪ねましょう。

Read More